ネット・キャリア相談所

進学・就職・転職・採用などを扱うブログを運営しております。週2、3回更新の予定です。扱って欲しいネタがございましたら「お問い合わせ」からメールにて連絡いただければ嬉しいです♪

専門学校と大学、どっちに行ったらいいの!?

さて、一般に高校を入学したら進学か就職になります。

私は高卒の就職については詳しくありません(汗)。

ですので、今回のテーマを進学とします(^^;)

そこで「専門学校と大学、どっちに行ったらいいの!?」といってテーマを考えてみたいと思います。

f:id:car-emon:20210420055552p:plain

 

本ブログを運営する“キャリえもん”と申します。

f:id:car-emon:20210506060025j:plain

進学・就職・転職・採用等をテーマにブログを運営しております。

みなさんとって、本ブログが少しでも有益なものであれば幸いです。

 

今回は、進学を考えているご本人や保護者の方に参考になりそうなお話しを書きたいと思います。

 

さて、以前紹介させて頂きましたとおり、私 専門学校にも大学にも勤めた経験があります。

car-emon.shop

 なので、両者ともある程度どんなところか理解しているつもりであります。

 

で、結論です。

私は「大学」を勧めます。

決して、今大学に勤めているからって理由ではありません(汗)

ちゃんと理由があります。

 

また、もちろん各々に“合う・合わない”があります。

決して“大学 >> 専門学校”とは考えておりません。

それぞれ、いいところはあるのです

 

しかし、一般的にどちらかを勧めるといった場合、私は「大学」と答えます。

今回は、その理由を3つ述べていきます。

 

1 学生の幼さ(;゚Д゚)

f:id:car-emon:20210420055757p:plain

大学勤めをして、素直に感じるところであります(^^;)

特に、男の子(笑)

これは、別に学生さんが悪い訳ではなく、社会の仕組的にそうなっていると考えます。

 

学生さんにとって、企業に入って働くというのは大変なことです。

10年以上続けていた“生徒・学生”といった身分から劇的に変わる訳です。

特に最初の2・3年間は強烈なストレスです。

何が言いたいかといいますと、ストレスと十分戦えるような精神に成熟するまでの時間が欲しいということです。

世間的にも3年離職率が高卒で40%、大卒で30%と言われていますから、私の考えもあながち間違っていないのではと考えています。

当ブログの方針で、低離職率を正義としております(笑)。

ですので、卒業時の年齢が高い、大学を進める訳です。

 

2 求人の幅や数

f:id:car-emon:20210420060115p:plain

これは大きいと思います。

全然違います。

また、専門学校の場合、求人があっても“○○○○資格保有者のみ”といった求人もあります。

そして、このようなケースで求められる資格は結構高難易度なものが多いです。

在校生の一部しか取得できていない可能性も考えるべきでしょう。

大卒の場合、医療系など特定の学科を除けば資格保有者限定の求人は、ほぼないと思います。

まあ、あっても自動車免許ぐらいでしょうか(笑)

因みに、自動車免許は運転に関係ない仕事でもとっておいて方がいいです。

意外に採用の合否につながっていたりしますから(;゚Д゚)

 

3 キャンパスライフの充実

f:id:car-emon:20210420060209p:plain

上記1とも被りますが、これも大きいです。

私、二十歳は“体は大人、ココロは子供”って考えています(笑)

専門学校や大学は、心が大人になっていく重要な期間なのです。

勉学はとても大事ですが、心はそれだけでは成長しません。

部活やサークル活動、または学生寮などでの生活を通して心も大人になっていくと思います。

そして、これらの“キャンパスライフ”については、大学の方が充実していると思います♪

その面からも、大学進学を進める訳です。

まあ、その分悪いことを覚える機会も多いのですが(;゚Д゚)

 

以上の3点から私は大学進学を勧めております。

もちろん、金銭的な問題や学力的な問題もあります。

あくまで、一般的なお話しです。

上記に書きましたとおり、これはあくまで総論であって、各論ではありません。

 

個々には、その辺りも考慮しなければなりません。

いずれ、これもテーマに検討としてみたいとは思っております♪

 

次回は、「大学院への進学って必要!?」といったテーマで書いてみる予定です。

car-emon.shop

 

それでは(^^)

 

(追伸)

本ブログでは、扱って欲しいテーマを募集しております。

ご希望のある方は、ぜひ下記までメール願います♪

carr2fp@gmail.com