ネット・キャリア相談所

進学・就職・転職・採用などを扱うブログを運営しております。週2、3回更新の予定です。扱って欲しいネタがございましたら「お問い合わせ」からメールにて連絡いただければ嬉しいです♪

ブラック企業を避ける求人票の見方について(゚Д゚) ~ ④離職率編

ブラック企業を避ける求人票の見方について」シリーズの最終回です。

今回のテーマは、ズバリ「離職率」です。

当ブログでは、「高離職≒ブラック企業」と勝手に定義していますので(^^;)、ブラック企業を避けるといったテーマから見れば、本丸的なお話しとなります♪

f:id:car-emon:20210510064357p:plain

 

当ブログを運営する“キャリえもん”と申します。

f:id:car-emon:20210506060025j:plain

進学・就職・転職・採用等をテーマにブログを運営しております。

みなさんとって、当ブログが少しでも有益なものであれば幸いです。

 

さて、離職率です。

ブラック企業を形成する要素は色々あります(;゚Д゚)

パワハラ、セクハラ、長時間勤務、etc…。

これらの要素は、いずれ離職につながりますので、当ブログでは「ブラック企業≒高離職率企業」と定義しています。

そして、嬉しいことに最近の新卒向けの求人票には、この情報が記載されております。

f:id:car-emon:20210510064452j:plain

この辺りの情報は中途採用の求人票にはありません。

転職希望の方もぜひ新卒の求人票を参考にしましょう♪

 

さて、どのくらいの値を目安にすればいいのでしょうか?

一般的には大卒の3年離職率は3割と言われています。

しかし、離職率3割代って正直ちょっと多いって印象です(^^;)

出来れば2割台、1割台以下であればベストかと思います♪

 

また、離職率が高い業種というものもあります。

一応、忖度して固有名詞はあげませんが(^^;)、調べればすぐに分かります。

特にその仕事がやりたいというのであればいいのですが、そうでなければ避けておくことが基本です。

 

こここで、一つ疑問です。

求人票に記載されている情報って、正しいものなのでしょうか?

私は、必ずしも完璧ではないと考えます(;゚Д゚)

それなら求人票を調べても無意味では!?、といった話になってしまうかも知れません。

しかし、私は無意味とは思いません。

基本、完璧な情報なんて、そうは出回りません。

ある程度の情報が出回っているだけでもラッキーかと考えます。

求人票のチェックは下調べの基本ではありますが、これだけで完結するものではありません。

この情報をベースに、他の情報も集めたりする必要はあるのです。

新聞であったり、四季報であったり、経済誌であったり情報のソースは色々あります。

f:id:car-emon:20210510064624p:plain

また、以前「ネットの情報を鵜呑みにしないこと」って書きましたが、これらの情報と併用するならアリかと考えます。

ブラック企業を避ける方法はしっかり下調べすることです。

そして、最終的には採用面接時に色々聞いてみるのもありかと思います。

 

中には、「求人なんて選べる状況でない」って方もいると思います。

積極的に求人は選べるのは30歳ぐらいまで、広くレンジをみても35歳くらいまでと考えます(少なくとも私はそうでした ^^;)。

一番いいのは、それまでに転職地獄につながらない企業に入社することでしょう。

特に40歳以降は、本人の能力があっても転職は楽ではありませんので(涙)

この辺りは、次回に「年齢別の就職活動に必要なもの(;゚Д゚)」といったテーマで書いていく予定です♪

car-emon.shop

 

 

以上、求人票と離職率、そして+αなお話しでした♪

 

それでは(^^)

 

(追伸)

本ブログでは、扱って欲しいテーマを募集しております。

ご希望のある方は、ぜひ下記までメール願います♪

carr2fp@gmail.com