ネット・キャリア相談所

進学・就職・転職・採用などを扱うブログを運営しております。週1回更新が目標です。また、扱って欲しいネタがございましたら「お問い合わせ」からメールにて連絡いただければ嬉しいです♪

大学生に不人気No1業界(涙)、中途採用での人気とお勧め度は!?

前回「大学生が働きたい業界は「IT」がトップ、働きたくないのは?」なるネット記事の人気No1業界であるIT業界について、いろいろと取り上げてみました♪

car-emon.shop

今回は、その真逆である“不人気No1”業界になってしまった「介護・福祉」業界について、取り上げていたいと思います(汗)

 

本ブログを運営する“キャリえもん”と申します。

進学・就職・転職・採用等をテーマにブログを運営しております。

みなさんとって、当ブログが少しでも有益なものであれば幸いです。

 

【目次】

 

今回のターゲット

主に転職希望者向けとはなりますが、新卒で就活中の方も参考になるかと思いますし、雑学として、どなたでも参考になる内容かと思います♪

 

イントロダクション

さて、「介護・福祉」ですが、回答者の46.1%という圧倒的投票数で、2位の「建設・建築」(26.1%)、「機械メーカー」(23.8%)を引き離しての不人気No1となっております(涙)  私個人としても、正直“過労”や“低賃金”、“人材不足”のイメージが強く(そのような報道が多い!?)、なんとなく納得ではあります(涙)

一方、私の周には「介護・福祉」業界に努める方が結構いるのですが、上記のような世間の悪評(!?)とは全く逆で、実にいきいき働いている方が多い気がします。高い使命感を持って働いている方が多いからでしょうか!?

また、これから否が応でも迎えなければならない“超高齢化社会”にとっては、必須の業界であることは、皆さんも承知の事実かと思います。

今回は、この“不人気No1”だけど、今後(というより既にですが)必須の業界となる「福祉・介護業界」の求人状況や過労状況、また任意の団体の求人票などをチェックしていきたいと思います♪

 

1 中途の求人状況です

リクナビNEXTで調べたところ、医療・福祉・介護で1577件、福祉・介護サービスのみですと866件の求人がありました。十分な求人数とはいえますが、産業別就労数が3番目に多い業界とのことなので、それを考慮すれば思ったよりも少ないといった印象です。

※業界別就労数は下記サイトを参照させて頂きました

産業別就業者数|早わかり グラフでみる労働の今|労働政策研究・研修機構(JILPT)

因みに、産業別就労数では医療・介護・福祉の1/4程度でしかない情報産業業界の求人は、1万件以上あったりします( ゚Д゚) やはり医療・福祉・介護の求人は少なすぎと言っていいのではないでしょうか!?

しかし、これはおそらく求人数を調べた媒体がリクナビNEXTであることが影響しているのではと、推測します。この業界は比較的小規模で運営しているところも多く、また大手求人サイトであるリクナビNEXTに掲載するにはそれなりの金額がかかることが原因ではないでしょうか!? これがハローワークを使った職種別求人数の分析なら、違った結果が出るといます( ゚Д゚)

 

2 過労の状況

さて、近年の過労状況がどうなので、厚労省のデータから分析してみましょう。厚労省は過労死の状況を脳・心臓疾患事(≒重過労による過労死)と精神疾患・自殺事案(≒パワハラ等による過労自殺)に分けて分析していますので、これに沿ってみていくことにします。

1)脳・心臓疾患事(≒重過労による過労死)

まあ、分かっていたことですが、堂々の3位にランクインです。少しだけフォローしておきますと、上記でもお示しした通り「医療・福祉業界」は業界別では3番目に就労者が多い業界であり、その辺りも大きく影響していると思います。

ただ、それでも肉体的にハードな業界であるとは間違いないは思います。さらに、職務の性質上仕方のないことでありますが、変則労働時間やら、夜勤やら、不定期な休日等が拍車をかけているような気がします(涙)

2)精神疾患・自殺事案(≒パワハラ等による過労自殺

ぶっち切りのNo1となりました。しかも、大分類では同じ分類になる“医療業界”を合わせると、もはや無敵状態、不動のNo1です(涙)

やはりこの業界は、肉体的なストレスもさておきですが、精神的なストレスは半端なさそうです。ストレス耐性の低い方、また働くことへのモチベーションが低い方には向かない業界だとおもいます。

 

3 求人情報をチェックします

任意で1団体の求人データをサンプルとして、リクナビNEXTから引っこ抜いてきました。今回は、“社会福祉法人東京援護協会 板橋区立小豆沢福祉園”といった団体の求人です。また、嬉しいことにマイナビ2023に新卒の情報がありましたので、こちらも参照していきます。

1)団体概要です

お名前の通り、東京都板橋区にある団体です。また、下記に示した通り設立が昭和27年と72年のも歴史があり、従業員も800名と業界では大手といっていのではないでしょうか!? まあ、リクナビNEXTに掲載している時点である程度お金を持っている団体と推定してもいいとは思うのですが(汗)

・設立  昭和27年5月

・資本金           社会福祉法人のため、資本金はなし

・従業員           800名

 

2)採用規模

まず、新卒採用ですが、ここ3年間では1,2名の採用とのことです。従業員数に対する採用率は1%未満となっており、正直少なすぎと感じます。他の業種ですと、厳選採用している企業でも2~3%は普通にあります。

やはり、採用に苦戦しているのでしょうか!?

また、中途採用情報ですが、採用人数についての記載はありませんでした。

 

3)採用職種

まず、新卒採用の求人情報に掲載されている職種ですが、次のとおりとなります。

生活支援員障がい者福祉事業)

・介護職員・生活相談員(高齢者福祉事業)

・指導員(保護・自立支援事業)

また、中途採用に掲載されている職種は、新卒採用の職種でも一番上に記載されている「生活支援員」のみとなっているようです。新卒にある3職種の中でも一番人材が不足している部署なのかもしれません!? ご参考までに、下記に中途使用情報にあった職種情報を抜粋しておきます。

<生活支援業務>

・食事・着替え・トイレ等の介助

・創作・クラブ活動等のサポート

・外出・送迎の付添い(運転なし)

・ご家族の方の対応

 

4)給料

まず、新卒の給料ですが、次のとおりとなります。

・(月給)181,200円

東京都の給料としては、安めといってしまっていいと思います。正直、あと1万円程度はアップして欲しいところです(汗) ただ、この金額は全額基本給とのことで、この辺りは大変評価できます♪ また、諸手当もしっかりしてそうなところが嬉しいところです。

おそらく、この辺りの企業よりも、個人的には、いいのではと思うところはあります(汗)

car-emon.shop

car-emon.shop

また、中途の給料も休めではありますが、適当に高額な上限を記載していないところは、結構好印象だったりしております♪

・月給:18万1200円~24万2200円 ※一律手当を含む

 

5)勤務時間

中途の採用情報には、次のとおり記載されておりました。

・勤務時間:8:45~17:30

あれ、夜勤とかないのでしょうか!? それとも原則を記載しているだけなのでしょうか!? この辺りがはっきり記載されていれば嬉しいところではあります。
また、新卒採用情報には月平均所定外労働時間が4時間(固定残業制度なし)となっており、残業がほとんどない職場であることが推定されます。

個人的には、10~20時間程度は残業があってもいいと思いますが(汗)、これはこれでありとだとは思います♪

 

6)年間休日数

年間休日数は122日と一流企業と比べても遜色なく、いうことはありません♪

 

7)平均有給取得日数

平均有給休暇取得日数は7日と、やや少な目です。本音を言えば10日近くあればいいのですが、職種的に有給がとりにくいということもあると思います(汗)

ただ、7日は“少なすぎる”といった日数でもないことは、言い足しておきます。法令的には5日以上あれば問題なく、残念ながらこれを満たしていない中小企業は結構ありそうですから(涙)

 

8)離職情報

新卒情報に3年離職率の記載はありませんでした。これは、ぜひ記載して欲しいところではありますが、年1~2名しか採用のない状況ですから、載せたくないのかもしれません。1人採用で1人辞めたら、離職率100%となってしまいますから(汗)

また、平均勤続勤務年数は9.9年と、やや短めです。やはり、それなりに離職者は発生していると考えていいかもしれませんが、正直想像していたよりは長く勤められていると感じました。

 

まとめ

まず率直な印象ですが、思ったよりも悪くないと思いました。事前の想定通り給料は安かったものの、年間休日数や有給取得率、時間外労働時間なんかはなかなかの好印象でした。

また、給料なんかも下手に高額を記載していないところも、好印象でした。

総じて、今まで調べてきた居酒屋業界や外食業界よりは、好印象を持ちました。

一般には、必ずしも求人情報に書かれている数字が正しいと言い切れないところもあるのですが(涙)、この労働環境なら、「給料が安くても、好きな職種に就けて、プライベートな時間も楽しめる」といったライフスタイルが出来るのではないでしょうか!?

ただ、今回サンプリングした業界が、介護・福祉業界でも飛びぬけて好条件だった可能性もありますので、その辺りの注意は必要かと思います。

また、そうは言っても、この恐らく”優良”と思われる求人でも、平均勤続年数が他業界と比べ低めといった事実は、就労前に認識すべきとは思います。

 

以上、大学生に不人気な介護・福祉業界の中途採用状況についてのお話でした♪

 

次回は、「おじさんよりもいっぱい給料もらえるユニクロ新卒採用者について( ゚Д゚)」の予定です。

それでは(^^)

 

(追伸)

進学・就職・転職・採用などの無料相談をオンラインで承っております。気になる求人も一緒にチェックもしますので、お気軽にどうぞ(^^)

詳細は、下記リンクから♪

sites.google.com