ネット・キャリア相談所

進学・就職・転職・採用などを扱うブログを運営しております。週2、3回更新の予定です。扱って欲しいネタがございましたら「お問い合わせ」からメールにて連絡いただければ嬉しいです♪

転職

公務員系(公務員・準公務員)への転職について♪

基本、公務員採用試験には年齢制限がありますから、ミドル世代以降(≒30歳以降)の転職には縁がなさそうに思えます。でも、実はそんなことはありません。 また、ミドル世代が公務員系に転職した場合、安定性以外にも民間企業と比べてメリットがあったりしま…

転職を決断するタイミングについて♪

「転職したいなぁ~」と考えている方は結構多いと思うのですが、実際するとなるとなかか大変なものです(;゚Д゚) 人生において、転職は一大イベントですから! では、どのタイミングで転職するのがベストなのか、今回はこのテーマを扱ってみたいと思います♪ 本…

優良な中小企業の探し方について♪

大企業は情報を手に入れるのが容易です。四季報には、まず掲載されていますし、新聞や雑誌からもネタが入手しやすいです。 それと比べ中小企業は、情報が入手しにくいです。 今回は、そんな状況の中、どういった手段で中小企業を選んでいくべきかを考えてみ…

当ブログがお金や休みによく言及する理由について♪

当ブログのメインのテーマが、就活・転職です。 ミドル~シニア世代向けのお話も書いているのですが、現職で大学勤めということもあり、比較的ヤング層向けのお話が多くなっております。 そして、何故か結果として、テーマとして扱うことが多いのが「お金や…

仕事の探し方のコツ、“やりたい事”にこだわりすぎないで♪

仕事探し・企業探しの相談で多い質問の一つに、こんなのがあります。 「やりたい事が分からないから、どの企業を受ければいいか分かりません(涙)」 “やりたい事”が分からないなら、そこにこだわっても仕方ないと思うのですが…。 また “やりたい事”にこだわ…

過労死と業種の相関性について(;゚Д゚)

電通の過労死事件以来、ブラック企業を意識する方が明らかに増えました。 それは、そうです。 生きるために働いているのに、違法にすり潰されて、結果命まで失うなんて、あってはならないことだと考えます。 先日、厚生労働省のホームページに過労死の調査結…

内定に結びつく志望動機の書き方 ~ その前にコレをしっかりやりましょう♪

前回も書きましたが、「就活における面接試験で言うべきことは、二つだけである」といった本を読んだことがあります。その二つとは、 ☆自己分析 ☆志望動機 だそうです。 模擬面接をやってみると、志望動機が正直甘目の方が多い気がします(汗) その分、ここ…

面接時の印象を良くするポイントについて♪

「就活における面接試験で言うべきことは、二つだけである」といった本を読んだことがあります。その二つとは、 ☆自己分析 ☆志望動機 だそうです。 自己分析の方法については前回のブログに書きましたし、志望動機のコツについては次回書く予定です。 car-em…

自己分析って必要ですか?、他の人と同じような事を言わない方法について♪

仕事柄、学生さんの模擬面接を良くやるのですが、そこで、気になることがあります。 それは、「同じような事、言っている人多いなぁ~」とう事です。 これ、私が仲良くしている某大手企業人事の方も仰っています(;゚Д゚) 今回は、この辺りがテーマとなります♪…

面接で言ってはいけないこと、その考え方について♪

「面接試験がなかなか通らないです!」といった相談を受けることがあります。 パッと見に問題はなく、会話も普通に出来る人の場合、「言ってはいけないこと」を言っているケースがあります。 今回は、そんなお話です。 本ブログを運営する“キャリえもん”と申…

就活の軸の一つとして考えて欲しいこと、お金のお話です(;゚Д゚)

さて、今回は“お金”の話です。 身も蓋もありません(^^;) といっても、“年収1000万円になんて簡単!”なんて財テクな話ではありません(汗) 「暮らすのに問題がなければ収入にはこだわらないし、それより“やりいたい事”が出来ればいいなぁ~」と考えている…

キャリアは偶然が支配する!? クルンボルツ先生の理論を考える♪

さて、私事ですが、数年前にキャリアカウンセリング系の資格であるCDAを取りました。 そこでは、色々勉強をします。 当然、座学もあります。 キャリア形成に関する色々な理論も学びます。 その中で、ぶっちぎりに面白かったクルンボルツ先生の理論を自身の転…

年代別に転職を考えました♪(その③ シニア編)

さて、40~50歳以降の転職です。 転職しまくりました私ですが(^^;)、さすがこれは未経験です。 ただ、現在の職場で有期雇用職員(≒嘱託職員)の採用に関わることがありますので、採用する方の立場から、この問題を考えてみることにします。 本ブログを運営…

年代別に転職を考えました♪(その② ミドル編)

30代の転職については、色々なブログやYoutube動画で色々語られております。 私も35歳以降に短いスパンで3回転職を繰り返しました。 コツさえつかめば簡単♪、といったものもあったりします。 実際、そんな方もいらっしゃるでしょうが、少なくとも私はそうは…

年代別に転職を考えました♪(その1 ヤング編)

情けない話なのですが、私 若い頃から転職を繰り返しておりました(汗) car-emon.shop その辺りの体験を振り返ると、転職時に企業から求められているであろうことが、年代別にかなり異なることが、身に染みてきます(涙) ということで、今回から計3回にて…

(転職組も見てほしい)新卒の採用比率から企業研究してみました♪

2021年5月現在、某大学の就職課に勤務しております。 立場上、毎日たくさんの求人票を見ておりますが、しばしば「えっ~(;゚Д゚)」となってしまう求人票があったりします。 本日は、これに係るお話を紹介したい思います♪ 本ブログを運営する“キャリえもん”と…

ホワイト企業とは? 労働局のお墨付き(!?)、ユースエール認定企業について

就職活動(転職活動)には、企業研究が不可欠です。 そして、大企業は企業研究が簡単です♪ 色々情報が溢れておりますから。 四季報や新聞、経済誌、etc…。 半面、中小企業の情報を集めるのは、なかなか大変です。 しかし、日本にある企業の9割強が中小企業と…

景気に強い業種・業界について考えてみました♪

コロナウィルスの影響で、飲食業や旅行業が大ダメージを受けているのは承知のとおりです。 しかし、逆にダメージを受けていない、もう少し言えばプラスになっている業界もあるとのことです。 見方を変えれば、コロナ禍は、環境の変化への脆弱性をあぶりだし…

就職・転職と年齢の関係ついて考えます♪ 

私、恥ずかしながら40歳まで、いい感じで転職を繰り返してしまいました(汗) car-emon.shop そこで実感したのは、年齢別に求められている要素が違うってことです。 そこで、若手・ミドル世代・シニア世代に分けて、この辺りを整理してみることにしました。 …

ブラック企業を避ける求人票の見方について(゚Д゚) ~ ④離職率編

「ブラック企業を避ける求人票の見方について」シリーズの最終回です。 今回のテーマは、ズバリ「離職率」です。 当ブログでは、「高離職≒ブラック企業」と勝手に定義していますので(^^;)、ブラック企業を避けるといったテーマから見れば、本丸的なお話し…

ブラック企業を避ける求人票の見方について(゚Д゚) ~ ③休みと勤務体系編

ブラック企業には、誰もが行きたくないものです。 では、避けるにはどうしたらいいのでしょうか? それは、下調べをしっかりすることです。 そして、まず調べるべきは求人票でしょう♪ ということで、全4回でおくる「ブラック企業を避ける求人票の見方につい…

ブラック企業を避ける求人票の見方について(゚Д゚) ~ ②給料編

さて、ブラック企業を見分ける求人票の見方の2回目です。 今回は“賃金”に係ることについて考えてみます。 本ブログを運営する“キャリえもん”と申します。 進学・就職・転職・採用等をテーマにブログを運営しております。 みなさんとって、当ブログが少しで…

ブラック企業を避ける求人票の見方について(゚Д゚) ~ ①概要編

ブラック企業には、誰もが行きたくないものです。 では、避けるにはどうしたらいいのでしょうか? 大切なのはしっかり下調べをすることです。 そして、下調べの基本は求人票のチェックです。 というこで、今回から全4回でブラック企業を避ける求人票の見方…

ブラック企業の見分け方!?

1991年の電通による過労死事件以降、学生さんからは“ブラック企業は避けたい”といった声がはっりきと上がるようになりました。 何をもってして”ブラック企業”とするかは微妙ではありますが、今回はその辺りを考えてみます。 本ブログを運営する“キャリえもん…

転職地獄からの脱出を考えます(;゚Д゚)

私、恥ずかしながら結構転職してます(汗)。 car-emon.shop 決して転職が好きだった訳ではありません。 当たり前です(^^;) 基本人見知りですから、新しい職場では苦労するタイプです。 おかげで、転職する度に反省することが増えました(笑) 今回は、そ…

大学は理系学科がお勧め!?(就職視点からの検討です)

さて、ご存じのとおり大学には文系と理系があります。 就職の観点から見た場合、どちらがお勧めなのでしょう? 私自身は理系の出身ですし、勤め先も理系中心の大学です。 ですので、本記事は文系と理系の比較というより、“理系のいいとこ自慢”となります(文…